「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル著を読みました

思考は現実化する
思考は現実化する

「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル著を読みました。

「思考は現実化する」を読んだ感想

本の厚さは、3センチほど。579ページあり、読み応えのある本でした。
(実際、飛ばし読みした部分も多いですが・・・)

感想としては、さすがは自己啓発の原点であり、真髄をついていると思いました。それと、洋書(訳書)の自己啓発本に多い、ノンフィクションドラマ仕立てのストーリーではない事が嬉しいです。(お父さんやネズミの話は飽きました)

実際、現在この世に出回っている自己啓発書は、ここの本を参考にしている場合や、この本を読んで成功した方が多い気がします。

今となっては、既に知っている内容ばかりなのですが、実例や具体例が詳しくかかれていて説得力があるものが多く、逆に今まで読んだ本が浅かった事が分かります。性衝動エネルギーの転換については、目からうろこでした。

うすうす気づいてはいたものの、なかなか人前では言えない事を代弁してくれている気がします。しかし、この部分に限って具体的にどうしたら良いのかが書かれていなかったのが残念です。

「思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき」(Amazon)

「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル著

「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル著
人は自分が思い描いたような人間になるという。すなわち思考は現実化する。原題は『The Think and Grow Rich Action Pack』。「Rich(富)」とは金銭的なもの精神的なもの、いずれをも指す。自己啓発である。「自己啓発」の語に警戒心を感じたら要チェック。そういう人こそ本書を読む価値があるかもしれない。

著者のナポレオン・ヒルは、鉄鋼王カーネギーの発案に乗り、20年間無報酬で「成功哲学」を徹底的に研究した。カーネギーが見込んだ500人をインタビューし、彼らが成功していく過程を子細に追視。そこに共通する“思考”と“やりかた”を体系的にまとめたのである。驚くべき偉業である。この本は、なぜ「あなた」が今の「あなた」なのかをやさしく教えてくれる。不安の種を取り除き、未来を自分の思う方向に切り開いていくすべとともに。

確固たる願望を持つこと、決断、信念、忍耐、マスターマインド、計画の組織化が成功の扉を開ける鍵であると説き、「欲しいものを知れば、それは得られる」「他人を傷つけてまで成功することほど、愚かなことはない」という。そして「勝利者は断じてあきらめない」とも。リンカーン、O・ヘンリー、フォードなどが、それぞれが持っていた負の面をいかに克服し成功し得たのかは、わかりやすい事実であるだけに心にずっしりくる。

読み進めていくうちに、アメリカ合衆国がなぜ繁栄の現今にあるかがあぶり出されてくる。彼らは先人の成功の哲学をまじめに学んできたのであろう。誰もが必ず成功できると心得ているのだ。自分を知り、明確な目標を掲げ決断しさえすれば。

本書はベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の原典なのであろう。(本所 凱)

あなたのこころをドンと揺さぶり、新しい人生を開眼させる世界的名著。ナポレオン・ヒルの「成功哲学」、新装版で登場。

「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル著はこちらから購入しました
↓↓↓

速聴で脳を鍛えるならFebeがお勧めです↓
    • ベストセラーで速聴しよう!
      Febeのプレミアム会員ならチケットで980円
      ★無料で視聴ができます★
スポンサーリンク