簡単にできる脳を劣化から守る方法まとめ

思い出す

日ごろ脳を鍛える為に何か特別な事は行っていますか?

喋るのが遅い、応えるのが遅い…これは人の個性でもありますが、以前より喋るのがゆっくりになった、判断力や決断力が鈍ってきた…ということは老化の始まりや脳からのサインでもあります。

確かに脳は使わなければ劣化していきますが、でも諦めるのはまだ早いです。日ごろから脳の劣化の予防が大切です。

脳はいくつになっても鍛えられる!

確かに人間細胞は成人すると共に毎日大量の数の細胞が死んでいきますが、その速度を遅くしたりすることは可能です。

では、脳の劣化を防ぐにはどうしたいいのでしょうか。ここでは、脳を鍛える為の日々の簡単な習慣をまとめました。

その日、一日の出来事を思い出す

記憶力アップに役立つ方法です。寝る前、ベッドに入ったら、その日の朝から寝るまでにあった出来事を1つ1つ、忠実に思い出して言葉にしておきましょう。

ポイントは、頭の中で考えるのではなく、「言葉に出して言う」ということ。

この方法は記憶力アップに役立つのですが、特に「同じミスを繰り返す」という方にオススメ出来る方法です。

同じミスを繰り返す人というのは、「こうすれば同じミスを防ぐ事が出来る」と、想像する能力に欠けているのです。したがって、同じミスを何度も繰り返し、その中で自己嫌悪に陥っている人が多いのです。

ならば、ベッドの中で「こんなミスがあった。同じミスを繰り返さないためには、ここの確認作業をしっかりやっておけば良い」と、言葉に出して言っておきましょう。
出典:http://thechange.jp/brain-4221.html

睡眠をしっかり取る

脳に休息(睡眠)を与えないと、どうしても回転スピードは遅くなってしまいます。よほど忙しくない限りは、しっかりと睡眠を取った方が良いでしょう。

上記で、「体に良い食べ物=脳に良い食べ物」を紹介しました。結局のところ、「健康体でいる」が脳に最も良い環境なんですね。したがって、「バランスの良い食事+睡眠」で、健康を維持するよう心がけましょう。さもないと、ただでさえ仕事でミスをするのに、さらに回転スピードが遅くなって「ミスのオンパレード」になるかもしれませんよ。

夜勤をされている方には難しいかもしれませんが、ごく普通に良いと言われている生活リズムを守り、食生活のバランスを整えることを実践しておきましょう。
出典:http://thechange.jp/brain-4221.html

利き手と反対の手を使おう

慣れ親しんだ利き手での動作は もはや習慣化されており、「新鮮な体験」とは言えません。しかし、これらの動作を利き手と反対の手で行うことにより、全てが新鮮な体験となります。

つまり、今まで利き手を使って行ってきたことを、利き手と反対の手で行うだけで、脳が活性化するのです!
引用:http://hot-topic-news.com/how-to-become-a-genius

いかがでしたでしょうか?
いつも行っていることを少し変えるだけで脳の劣化を防ぐことができます。どれも簡単なことなのでぜひ試してみてください!

速聴で脳を鍛えるならFebeがお勧めです↓
    • ベストセラーで速聴しよう!
      Febeのプレミアム会員ならチケットで980円
      ★無料で視聴ができます★
スポンサーリンク