前向き脳を作る!1日10分の瞑想のススメ

脳を鍛える瞑想

瞑想がどうもいいらしい。「成功者はみんなやっている」などと最近よく耳にします。脳と瞑想の関係はいったいどのようなものなのでしょうか。瞑想と言うと「ヨガ」「仏教」「スピりチュアル」など目に見えない世界を想像しますが、実は、瞑想が先に存在していて、その効果に宗教がいち早く目を付けたともいわれており、本来の瞑想そのものには宗教色はありません。脳のためににいい事がたくさんある瞑想の不思議に迫ってみましょう。

瞑想は宗教と一切関係ない。瞑想は、宗教が誕生する前から存在していたんだ。 レベルを上げて物理で殴ってくるグーグル先生・インテル社・ゴルードマンサックス・ペンタゴン(国防総省)&etc.世界を代表する名だたる企業の研修プログラムに導入されているこの「瞑想」。故スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、イチローを初めとする多くの...
(出典:プロジェクトマネジメントの話とか)

瞑想で脳内クリーニングをしよう

瞑想は宗教とは一切関係のないサイエンスです。近年、ビルゲイツ、イチローが朝の習慣にし、グーグル、インテルをはじめとする大企業が研修に取り入れています。彼らは超多忙な時間を割いてまで瞑想します。瞑想すると脳は究極のリラックス状態になり、毎日の大量の情報により疲労している脳の疲れがとれます。そして脳内の情報が、まるでメールボックスに溜まったいらないメールを削除するように整理され、ストレスが軽減され熟睡できます。また、アレコレと悩まずに自分の意思を明確に行動できます。http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80191730X21C14A1000000/(出典:日本経済新聞)

瞑想で老化防止

大人になっても瞑想が脳を発達させる可能性がある事は最新の脳科学により明らかです。瞑想すると集中力が高まったりストレスが減るだけではなく、加齢によって減るはずの脳組織の体積が瞑想をすると増えることが米ハーバード大により発表されました。また、不安処理をする扁桃体は逆に少なくなります。つまりストレスに強い脳になります。米ウィスコンシン大などの研究グループは炎症に関する遺伝子の抑制を、カリフォルニア大デービス校は細胞の老化を抑制するテロメナーゼが瞑想後活発になると発表しました。http://spiritualism-japan.com/meditation72/(出典:スピリチュアリズム)

瞑想してみよう(瞑想の方法)

瞑想のやり方に正解はありません。一番大切なのは呼吸法です。腹式呼吸をします。呼吸は全て鼻で行います。目はつむっても少し開けていてもかまいません。それでは始めてみましょう。

1、静かな場所で、または森林の音のCDをかけながらゆったりと座る。

2、まずはゆっくりと息を吐く。

3、3秒かけて吸う。この時に丹田に空気をためるようにお腹を膨らませる。

4、6秒止める。

5、6秒かけてゆっくり吐く。自然とお腹はへこむ。これを10分から15分繰り返す。この間、色々な雑念が浮かびますが、それにとらわれずに、一瞬感じて後はやり過ごします。

6、最後に深呼吸を3回して終わりです。

脳を鍛えるための瞑想のまとめ

瞑想は単純な作業です。しかし、ストレスを軽減させポジティブにしたり、本来なら就寝時に行われているはずの脳の整理をして頭の中をすっきりさせたり、冷静な判断と思いやりの心を育んだり、老化を防止したりと、素晴らしいことばかりです。是非、瞑想を毎日の生活の一部に取り入れましょう!そして自分も周りの人も幸せにしましょう!!

脚注

スピリチュアリズム

速聴で脳を鍛えるならFebeがお勧めです↓
    • ベストセラーで速聴しよう!
      Febeのプレミアム会員ならチケットで980円
      ★無料で視聴ができます★
スポンサーリンク