脳細胞がフル回転!毎日の音読があなたをデキる人にする

6resize

音読をするだけで頭が良くなる。そんな事があるのでしょうか。しかし最近の脳科学ではもはや定説です。毎日少しづつ目の前の文字を速めに音読することで脳の司令塔の役割をする前頭前野の働きを活発にすることが出来ます。インプットとアウトプットを同時に行うことで、脳内の伝達組織が活発に動き、脳の老化を格段に遅らせ、若々しい脳を保つ事が期待できます。いいことばかりの音読の仕組みを詳しく知りましょう。

音読している時、あなたの脳はフル回転している!

東北大学の川嶋隆太教授によりますと、音読をしている時の人間の脳は判断力や思考力を司る脳の司令塔、前頭前野を中心に脳全体を活発に働かせます。これは考え事をしている時やテレビを見ている時とは比べ物になりません。ゲームも視覚も使うし、いいように思えますが脳の活性は音読の3分の1以下です。黙読もかなり活性しますが、やはり音読の方が圧倒的に脳全体を使います。毎日の習慣として、速めに新聞の面白そうな記事を10分音読するだけで、脳はフル回転し、物忘れなどしない、元気な脳を作ります。

アンチエイジング、老化予防にも音読が効く!

音読は学習面でも効果が期待されています。音読とはインプットとアウトプットを同時に行うので脳の血流を増加させ、脳が活性し、覚えたいものの定着を促します。学生だけでなく、大人でも頭の回転が速くなりコミュニケーション能力がアップします。また、ADHDの子どもの改善にも期待されています。午前中の音読や、英語の音読などを行うことにより、若返りと幸せのホルモンであるセロトニンも多く分泌されることから、うつ病の改善やアンチエイジングにも効果があると言われています。

音読を毎日の習慣にして脳細胞をフル回転させよう!

学校の成績、能力アップ、コミュニケーション能力アップ、物忘れや老化防止、若返り・・・これらの為にするのはただ一つ、午前中の10分間で行う、速めの音読です。毎日続けることで効果があらわれます。

音読のやり方のお勧めは、毎朝の新聞の記事を一つ選んで読むだけです。これであれば今日から誰でも始められ、無理なく続ける事ができます。脳は新しい情報や難しい言葉に触れるだけで活性しますので幅広い内容の記事を読むことをお勧めします。脳細胞をフル回転させて、ストレスの無い日々を過ごしましょう!!

まずは、川島隆太教授の本で音読を学びましょう!

川島隆太教授の音読のことがよく分かる本です。初心者にも分かりやすく、音読の効能や方法を分かりやすく解説しています。音読に興味が湧いたら一度お読みになることをお勧めいたします。
↓↓↓
「音読」すれば頭がよくなる―一日二〇分!能力はここまでアップする

こちらもおすすめです
脳を鍛える大人の音読ドリル―名作音読・漢字書き取り60日

「音読」すれば頭がよくなる―一日二〇分!能力はここまでアップする

こちらの記事もおすすめです
こちらの記事もおすすめです
応援をお願いいたします!
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 出典:脳細胞がフル回転!毎日の音読があなたをデキる人にする […]