About – 当サイトについて

集中力

能力開発マニアです

管理人は常に頭を良くするにはどうしたらよいかと考えています。本で学び、セミナーに通い、速読を学び、速聴の機材を購入するなど、人生の多くの時間を費やしました。そして、競争社会で勝ち抜くために、すぐにでも成功した人のために、効率よく脳を鍛え、早く結果がだせるように考えています。

頭のいい人の人生とそうでない人の人生

頭が良い場合とそうでない場合の人生は違ってきます。

周りの大人から期待され、益々頭が良くなる

偏差値の高い学校(大学に行ける)

一流企業に勤める事ができる

仕事で成功する(人の役にたつことができる)

昇進、昇給が望め、収入が増える

頭の良いパートナーに恵まれる

頭の良い子供が生まれる

全てがこうなるわけではなく、これが幸せかどうかはその人次第ですが、収入が増えることにおいては、幸福度が上がる事に異論はないと思います。

逆の場合はどうでしょうか?
周りの人から「落ちこぼれ」や「能無し」呼ばわりされ、ますます自身を失う・・・もうこれ以上書きたくありません。

落ちこぼれだった青年期

集中力まさに、私は小学生から典型的な「落ちこぼれ」でした。テストはどの教科も平均50点以下、授業は上の空で、出された宿題が何かすらも分かっていませんでした。少年期に「落ちこぼれ、落ち着かない」というレッテルを貼られ、中学・高校では試験をボイコットするようにもなりました。

能力開発に目覚める

20才位までは気ままに生きていたのですが、自分でお金を稼ぐようになって、ようやく「このままではまずい!」と思い、奮起しました。まずは、自己啓発本を買いあさり、能力開発セミナーに足げく通い、かなりの時間とお金を投資して能力開発に没頭しました。

速聴と速読も試したが・・・

最初に取り組んだ能力開発は「速読」です。25年位前にテレビで速読の効果を知り、スクールに通いました。しかし、当時の速読のメソッドは、ただひたすら本と向き合うだけで眠くなるだけ。3か月も続きませんでした。(最近のメソッドとはかなり違います)

次に取り組んだのは速聴です。15年位前にブームになり、倍速再生機を購入して毎日聴いていました。当時は音質がかなり悪かったですが(笑)効果はかなりあしました。今でも続けています。

引き籠りの中で出会った一冊の本

5年ほど前、私は引き籠っていました。転職先の職場で年下の上司に能無し扱いされ、「どうしてこうも人生がうまくいかないのだろうか」と悩んでいました。自問自答の中で、ADHDではないか?それともADD?ではないか?などと考えだし、関連書を読み漁りました。そこで出会った本が、川島隆太教授の音読の本(詳細:脳細胞がフル回転!毎日の音読があなたをデキる人にする )です。これをきっかけに音読を始めました。

音読が自分を変えた

とにかく毎日1時間音読しよう!と決めて、毎日音読を行いました。旧式の速読や速聴のように眠くなることはなく、軽いジョギングをしている感覚なので続けられました。毎日続けた結果、1週間ほどで音読の効果が現れました。人と会いたくなり、会話がすらすらでてくるようになりました。更に、気持ちが前向きになり、外に出ようとしたくなりました。前頭葉がむずむず動き出した感覚を覚えています。

音読開始前、文字を書くことが嫌いでした

私は文字を書くことが苦手でした。ブログをやろう!と思っても三日坊主でした。しかし、音読を始めて2週間位した頃から文章を書きたくなり、いつの間にかこのブログを開始していました。

このブログから派生し、現在は10以上のサイトを運営しています。30年以上も筆不精だった私を変えたのは紛れもなく「音読」です。

音読は世界を救う!?

25年の能力開発経験から一番自分に効果があったのは音読です。理由は、1無料で誰でもどこでもできる、2無理なく続けられる、3眠くならないです。

そして、音読を続けた結果、人と話したくなり、外に出る事が好きになり、人前で話す自信が沸き、仕事もうまくいくようになりました。

脳には「可塑性」という素晴らしい機能が備わっています。例え人より少し位劣っていても、脳を鍛えれば、新しいネットワークができます。脳は5%位しか使われていないと言われていますが、まさにそうだと思います。

大人になってからでも変わる事ができます。私でできたことがほかの人にできない訳がありません。皆さんにも出来ると思っています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。それではサイトをゆっくりご覧になってください。

尚、当ブログ内の意見はあくまでも個人的な見解です。効果効能については個人差がありますのでご了承下さい。

スポンサーリンク