速聴ができなくても『復聴』で脳を鍛える!

速聴するシステムが無い、速聴はとっつきづらい、だけど、脳を鍛えたい、という方にお勧めなのが『復聴』です。

復聴は、同時に複数のオーディオ音声を聴く事で脳を鍛える方法です。方法を記しましたのでご参考にどうぞ。

速聴にお勧め。倍速音源が付いてくる [PR]
    • ベストセラーで速聴しよう!
      Febeのプレミアム会員ならチケットで980円
      ★無料で視聴ができます★

復聴で脳を鍛える方法

準備するもの

・mp3などのオーディオが再生できる装置×2
・オーディオブック×2つ
以上

オーディオ装置は高性能な装置を使う必要はありません、例えば、iPhoneとPC/MAX+スピーカーでもOKです。mp3の音がでれば何でもいいです。

スタンバイ

一つのオーディオ装置のスピーカー部分を頭の左側に、もう一つのオーディオ装置のスピーカーをに頭の右側に設置します。

スピーカーが無い場合は、イヤホンでもかまいません。左右の耳から別々の音声が聞こえればOK

再生する

二つのオーディオブックを再生します。同時に再生する必要はありません。

再生スピードは自由です。はじめのうちは聞きやすいスピードの方がいいでしょう。

コンテンツは違う方がいいと思います。例えば、ビジネス書と小説、英語と小説とか、全く違う内容の方がいいと思います。似た内容とか同じ著者のコンテンツを同時に聴く事は難しいです。

傾聴する

左右同時に流れる音声に耳を傾け、同時に内容を理解するようにします。コツは、いずれか片方だけに集中しない事です。あくまでも同時に聴いて同時に理解する事を心がけるといいです。

集中できない場合はこちらをご覧ください↓

速聴を行って効果が無いと思った時にチェックする5つのポイント
速聴を行っていて効果が無い(薄い)と感じる事がしばしばあります。教科書があるわけでもないので自己流で闇雲に行っ...

復聴まとめ 速聴と同様の効果あり?

いかがでしたか?

オーディオブックを活用するだけで、簡単に脳を鍛える事ができます。ワーキングメモリが活性化される感じが実感できます。

完璧を目指す必要はありませんが、1日10分、毎日コツコツ続けた結果、数分だけ同時に聞き取れる時ができました。

同時に聞き取れるようになると、会議などで複数の人の話を聴いてるときも余裕がでてきます。

速聴を行うにはFebeがおすすめ!

人気のオーディオブック
FeBeFeBeなら最新の自己啓発書、ビジネス書、英語学習などのビジネスに実践的なものから、最新のベストセラーまで幅広いストックがあります。ネットからダウンロードすれば、今すぐオーディオブックを楽しむことができます。

また、倍速の音源も付属していますのですぐに速聴を体験できます。
Febeの公式サイトはこちら
スポンサーリンク