音読よりも速聴の方が行動に移せます(速聴体験談)

音読?速聴?

能力開発を行う必要がある今日

現代は年功序列から競争社会になりました。また、時代の変化も早くなりました。そのため、最新の技術やノウハウでも、2、3年も経てば通用しなくなるということは少なくありません。こんな時代だからこそ、ビジネスで生き残るためにも、会社でリストラされずに生き残り出世するためにも、自己啓発、能力開発をしていかなければなりません。代表的な物として、本を読むことが挙げられます。

年収と読書量は比例する

できるビジネスマンほど本を読んでいると言われます。年収と読書量に関する調査結果があります。20代、30代のビジネスマンは読書量は1ヶ月平均0.26冊であるのに対し 、30代で年収3000万円の人の読書量は平均9.88冊とのことです。さらに本の1ヶ月の購入費に関しても、年収800万円以上:2,910円、400-800万円:2,557円、400万未満:1,914円という調査結果もあります。これらのデータから、読書量と年収には関係があることがわかりますね。

音読と速聴どちらがいいか

本を読むことが、現代のし烈な競争社会で生き残り、成功するために必要なことがわかりました。しかし、ただ本を読むだけで年収が上がって成功するわけではありません。本に書いてあることを理解して、行動に移して実践して初めて、あなたの能力は上がり、成功を収めることができるのです。どうせ本を読むのであれば、ただ本を読むのではなく、本の内容が理解できて行動に移せる読み方をしたいですよね。本の内容を理解する方法としては、音読と速聴があります。音読と速聴のメリットを簡単に紹介しますね。音読のメリットは、音読することで脳の前頭葉が活発になり、記憶力、思考力、創造力が鍛えられます。音読は本の内容を記憶しやすいというメリットがあります。さらに文章力や表現力も向上します。一方デメリットは読むのに時間がかかり面倒なことです。

速聴は頭の回転を良くする

速聴のメリットは右脳を刺激して頭の回転が早くなることと短時間で銃砲を入手できるということです。デメリットは、慣れていないと内容が頭に入ってこないことです。次に私が実際に体験してみた感想を書きますね。私は本を月に3冊前後読んでいます。本は速聴で読んで(聞いて)います。私が速聴で本を読むようになったのは、聞くだけで簡単なのと、情報をたくさん得ることができることと、本の内容を自然と行動に移すようになったことです。
特に本の内容を自然と行動に移すようになったことが、私が速聴をするようになった理由です。私も最初は黙読したり、音読したりしました。音読は確かに本の内容が頭に入ります。しかし、面倒なので続かないことと、本の内容を知ってそれで満足してしまい、行動には移していませんでした。

内容を覚えるには速聴の方が向いている

一方、速聴の方は1回や2回では本の内容を記憶することはできません。本の内容を記憶するには何回も聞く必要があります。ただ、音読の場合は2回、3回するのは苦痛で時間がかかりますが、速聴の場合は苦にならないので何回もできます。さらに通勤時間に聞けたり、何か作業をしながら聞くこともできます。何度も繰り返す聞くことで、脳が自然と記憶しているようで、本の内容を自然と行動に移していることも少なくありませんでした。大量の本を読めるということと、本の内容を自然に行動に移せるという点で、音読よりも速聴の方が私的にはお勧めです。

速聴を行うにはFebeがおすすめ!

人気のオーディオブック
FeBeFeBeなら最新の自己啓発書、ビジネス書、英語学習などのビジネスに実践的なものから、最新のベストセラーまで幅広いストックがあります。ネットからダウンロードすれば、今すぐオーディオブックを楽しむことができます。

また、倍速の音源も付属していますのですぐに速聴を体験できます。
Febeの公式サイトはこちら
スポンサーリンク