たった5分のストレッチで「ポジティブ脳」になる

7b58aa57f4ee0e13a79b0c15abf11005-400x266.jpg
スポンサーリンク

ストレッチで脳をスッキリ!ストレスフリーに!

大阪教育大学大学院の汪教授の研究室が、毎日のストレッチ中には安静時と同じリラックス状態の脳波が確認されたと発表しました。つまり、ストレッチには、かなりのリラックス効果があり、うつや不安などのストレスの軽減に役立つ事が分かったのです。ストレスが少ない脳は、安眠が期待されます。よく眠れると、翌日の判断力、記憶力、理解力にも結び付き、脳がポジティブになります。頭も体もスッキリとしてきて、イキイキとした毎日が送れます。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001912682(出典:大阪教育大学大学院)

「静的ストレッチ」で仕事中の脳をリラックスさせよう

日本ストレッチング協会によれば、ストレッチには、反動をつけて行う「動的ストレッチ」と、グーッと伸ばし、そこで止めることにより筋肉をストレッチさせる「静的ストレッチ」があります。

「静的ストレッチ」は、仕事中の脳をリラックスさせる働きがあります。静的ストレッチの留意点は「無理をしない」「1つの動作が15~20秒」「伸ばしている時は深呼吸」です。お勧めのストレッチは、首のストレッチです。上体は動かさず、倒す方と反対の耳に手を置き、そのままゆっくりと手の重みだけで倒していきます。左右交互にやりましょう。

おススメ!「寝る前1回だけストレッチ」記憶力の定着を!

人間の大脳辺縁系はスーパーコンピューターとは比べ物にならないほどの高い能力を持っていると言われています。しかし、その器である頭蓋骨がゆがんでいては、脳の働きを邪魔してしまう恐れがあります。寝る直前に行うストレッチで頭蓋骨を正常な位置に戻し、記憶力の定着、知識の整理が正常に出来る脳にしましょう。必ず一回だけ行います。

まず平面に仰向けに寝ます。耳の後ろに両手の甲をあてます。そうしたら息を吸って、思い切りつま先まで伸びをします。息を止めて耐えられなくなったら一気に脱力します。両手を体側に戻しておしまいです。そのまま寝てしまってもかまいません。
http://www.k-salad.com/life/seitai/006_1.shtml (出典:健康salad)

スキマ時間にストレッチをするだけで脳を鍛える!

仕事の合間の5分程を使ってストレッチをするだけで、脳の神経細胞を活性化してリフレッシュしたり、リラックスさせたりできます。この効果は安眠にもつながり、判断力や適応力がアップします。おのずとポジティブな脳になっていきます。スキマ時間のストレッチを習慣にして、是非健康な毎日を送りましょう。

脚注

大阪教育大学大学院
健康salad

速聴で脳を鍛えるならFebeがお勧めです↓
    • ベストセラーで速聴しよう!
      Febeのプレミアム会員ならチケットで980円
      ★無料で視聴ができます★
スポンサーリンク
スポンサーリンク