ウォーキングで脳を鍛えよう!!

img_l29

実は脳ではなく「体」が主導権を握っていた!?

脳はスーパーコンピューターより十数倍賢く、私たちの心と体の指揮官のように感じますが、実は全く逆で、主導権を握っているのは体です。進化の順から言ってもまず体が出来て脳が出来ました。脳は進化の過程では新参者なのです。脳は頭蓋骨の中で動けませんが手足に刺激があると活性化します。古代ギリシャの哲学者アリストテレスは歩きながら講義を行いました。歩くと、筋肉が動いて神経伝達が脳に届き、血流もよくなり脳は活発に働きます。

(出典:食べない生き方)

ウォーキングで脳の司令塔、前頭葉が活性化

イリノイ大学のアーサー・クレイマー博士によると、ウォーキングをすると脳の前頭葉が活発になることを発表しました。又、アルツハイマー協会も一日30分の散歩を推奨しています。脳科学ではウォーキングと脳の関係はすでに密接だという常識となっています。ウォーキングの際には立ち止まって野の花に触る等、五感を働かせると頭頂葉を刺激することが出来、前頭葉だけでなく脳の広域を刺激します。脳がどんどん刺激され、老化防止になります。

科学で実証されたウォーキングの効果。「歩くことが最良の薬である」と言ったのは古代ギリシャの医師ヒポクラテスだった。科学的な根拠が実証されていない時代から、哲学者や科学者は歩くことで思索にふけっていたという事実もある。私たちも悩みごとや心配事がある時の週末などは「気分転換に散歩でもしてみようか」という気持ちに自然となるこ...
(出典:五感プロデュース研究所)

ウォーキングを習慣にして脳を活性化!

人は歩くことによって神経細胞が脳に直接伝わり、脳は活性化します。そうすると、脳は快感を覚えて、ストレスを軽減させポジティブな脳に変わっていきます。脳への刺激があると、脳の中の記憶や情報を司る海馬が発達します。また、神経伝達レセプターを増やし学習機能を向上させます。いいことばかりのウォーキングを毎日の習慣にしましょう!

脚注

食べない生き方
五感プロデュース研究所!

速聴で脳を鍛えるならFebeがお勧めです↓
    • ベストセラーで速聴しよう!
      Febeのプレミアム会員ならチケットで980円
      ★無料で視聴ができます★
スポンサーリンク