レシチンで記憶力と学習力アップ!

大豆レシチン

記憶力や学習能力が高くなる大豆レシチン

大豆レシチンを摂ると記憶力や学習能力が高くなると言われています。それは、レシチンは情報の伝達をしたり、記憶をとどめておく役割をする神経伝達物質のアセチルコリンの材料になっているためです。

また、細胞膜を作るのに必要な成分であるレシチンは、脳を含めた体の細胞を正常に保つよう働きかけるます。レシチンは水にも油にも混ざりやすい性質があるため、細胞膜に存在するレシチンは細胞へ必要なものを取り入れ、排泄物を排泄する役割を担っています。

レシチンが不足すると、記憶力が低下したり、不眠症やイライラが起こる可能性があるので注意が必要です。

大豆レシチンを摂ることで期待できる効果

・脳の活性化による記憶力アップ
・神経細胞の活性化
・細胞の老化防止
・コレステロール値を下げる
・ダイエット効果

レシチンを効果的に摂るには

レシチンは、卵黄や大豆などに多く含まれています。大豆からレシチンを摂る場合、豆腐や納豆などの大豆製品にも含まれているので、飽きずに継続できそうです。

また、ビタミンEはレシチンを酸化しにくくする作用があります。大豆にはビタミンEが含まれているので、効果的にレシチンを摂れるます。

一日の摂取量

理想としては1日3,000~6,000mgとされていますが、日本人は不足しがちなのが現状です。大豆製品を食事に取り入れたり、サプリメントで補うようにしましょう。

DHC レシチン 30日分