ビンポセチンで記憶力アップ

勉強する人 1

ビンポセチンは頭が覚めた状態にしてくれるハーブとして知られています。

ビンポセチンとは

ビンポセチンとは、ツルニチニチソウという植物から抽出された成分で、アメリカでは記憶力の向上や認知症の改善に効果があるサプリメントとして販売されています。

ビンポセチンをとることで期待される効果

ビンポセチンを摂取すると、血管が広がり脳の血流量がアップします。

そうすることで、脳内に運ばれる脳のエネルギーであるブドウ糖や酸素が増え、脳の活性化につながります。また、血流が増えることで、軽い脳梗塞の後遺症を改善してくれる効果が期待されます。

記憶力がよくなるほかにも、視覚や聴覚の改善にも効果があるとされています。

一日の摂取量

5~30mgを1日3回食後に摂取します。

摂取の注意点としては、妊娠中は摂取を避けたほうがいいとされています。また、薬やサプリメントを服用している場合は、医師や薬剤師に相談してからにしましょう。