脳が休めないと感じたらGABAが不足してるかも

玄米

GABAといえばストレスを和らげる効果があることで有名です。それだけでなく、脳の興奮した神経を落ち着かせる役割もあります。

今回はこのGABAについてご紹介します。

GABAとは

GABAは、γ-アミノ酪酸の略称でアミノ酸の一つです。GABAは脳内では抑制性の神経伝達物質、つまりストレスを和らげたり、興奮した神経を落ち着かせる役割をしています。

GABAが不足すると、興奮系の神経伝達物質の抑えることができなくなり、気持ちが張り詰めた状態が続いてしまいます。ストレスが多いとGABAも多く消費されてしまうので、不足しないように注意が必要です。

GABA (ギャバ)100 75粒

新品価格
¥1,300から
(2016/2/14 09:57時点)

GABAを摂取することで期待される効果

・気持ちを落ち着かせる(抗ストレス作用)
・不眠解消
・脳細胞の活性化
・血圧を下げる
・コレステロールや中性脂肪を抑える

GABAの摂取方法

GABAを多く含む食品は、発芽玄米で100g中に10mgも含まれています。このほかに、トマトやナス、アスパラガスなどの野菜にも含まれています。

また、最近ではチョコレートなどからGABAを摂取できるような商品も販売されています。

1日の摂取量

GABAは1日に10~50mgが必要とされています。普段の食事で野菜をしっかり食べていれば、不足することはありません。

しかし、外食中心になったり、食事が偏ったりして野菜が不足しているとGABAは不足してしまいます。また、ストレスが多い場合も体内のGABAが消費されてしまいます。

GABAが不足していると感じる場合は、サプリメントなどから摂取することもできます。

ギャバ(GABA) 30日分