DHAについて学ぼう

supplement16

脳の働きに大きな影響を与えると言われているDHA・EPA、ここでは、DHAとEPAの基本についておさらいしたいと思います。

DHA[Docosahexaenic acid 別名:ドコサヘキサエン酸]とは

DHAは、ドコサヘキサエン酸の略字であり、EPAと同様に魚油に多く含まれているn-3系の多価不飽和脂肪酸である。

人の脳細胞に多く存在し、シナプスにおいて神経伝達に関与していると考えられている。乳幼児の脳や神経の発達に関与することやアルツハイマー病の発症に対して抑制的に働くといった研究結果が報告されている。ほかにも、精神を安定させる働きもあり、ストレスを緩和する効果も期待されている。

EPAと同様、血小板凝集を抑制し、LDLコレステロールや中性脂肪を低下させ、高脂血症を改善する効果も認められている。DHAはマクロやカツオなどの眼高脂肪に多く含まれていて、市販されているDHAやEPAのサプリメントは、それらのイワシやマクロなどから採油された魚油(フイッシュオイル)を原料としている場合が多い。

DHAの主な効果

DHAは以下の効果が確認されています。

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 糖尿病
  • アレルギー性鼻炎
  • 視力低下(白内障)
  • 認知症
  • うつ病
  • メタボリックシンドローム

認知症に効果あり

認知症の方の脳は脳細胞がすべて死滅しているわけではありません。まだ残っている脳細胞が新しい突起を伸ばして、死んでしまった脳細胞の代わりをすることも可能だと考えられています。DHAには「脳細胞の突起」を伸ばす促進効果があるので頭を良くする効果と同じです)、DHAを取る事で認知症やアルツハイマーなどに効果があるといわれています。

DHAは頭に良いの?

DHA=頭に良いというイメージがありますが、果たしてDHAは脳の働きに影響を及ぼすのでしょうか。

仔ラットを用いた空間記憶学習能力試験(モリス水迷路試験)では、DHAを摂取させた場合、目印を記憶し行動する能力が優れていたとの結果が報告され、記憶学習能力の向上が示唆されています。さらに、オーストラリアの研究では、健康な乳児287名を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において12ヶ月齢および18ヶ月齢時、言語発達評価項目に向上が認められたとの報告がされています。

一般財団法人日本水産油脂協会

このように、DHAは医学的にも効果が認められています。

EPAについて学ぼう

EPA[Eicosapentaenoic acid:エイコサペンタエン酸]とは

DHAに並んで有名なのが、EPA。DHAとセットで紹介される事が多い。

EPAは、エイコサペンタエン酸の略字で、最近ではIPA(Icosapentaenoic acid)とも呼ばれている。DHAとともに魚油に多く含まれているn-3系の多価不飽和脂肪酸のことである。

EPAは赤血球の変形能を高め、血小吸凝集を抑制し、血液粘度を下げて血栓症を于防する効果が認められている。また、LDLコレステロールや中性脂肪を低下させ、高脂血症を改善する効果も認められている。そのため、EPAとDHAは、中性脂肪を低減させる効裏があるとして特定保健用食品として認められている。

n-3系脂肪酸の働きも知っておこう

n-3系脂肪酸の代謝において、αリノレン酸は、体内でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変換される。αリノレン酸自体にもコレステロールを下げる効果があり、動脈硬化を予防するほかに、リノール酸の作用を抑制してアレルギー症状を緩和させる働きもあると期待されている。

αリノレン酸は菜種油や大豆油にも10%前後含まれているが、紫蘇油(エゴマ油)や亜麻仁油などにはαリノレン酸が60%以上含まれる。

EPAやDHAは、不飽和結合の多い脂肪酸で、いわしやまぐろなどの魚介類に多く含まれている。グリーンランドに住むイヌイットの人は野菜を全く食べないにも拘らず心筋梗塞による死亡率が低く、血が止まりにくい現象が認められ、彼らの主食としているアザラシなどに含まれているEPAやDHAなどが関与していることが明らかになったことは有名な話である。

一般的に、EPAやDHAには、血小板の凝集を防ぎ、血液をサラサラにする効果があり、コレステロールを下げる効果等も認められている。

当サイトのお勧め
↓↓↓

サントリー DHA&EPA セサミンEX 120粒

スポンサーリンク