プラシーボ効果は重要

プラシーボ
プラシーボ

あれ?効果が無くなってきたぞ?本当に効くのかな?そう思われた方は参考にしてください。

プラシーボ効果とは

プラシーボとは、薬に似せた偽薬のことです。この偽薬と本物の薬を比べて効果の違いがあるか試験をする事があります。例えば、医者が患者や被験者に「効果が高い」言って偽薬を渡すと、本物の薬よりも効果がある事があります。医薬品の判定でも使われています。

プラシーボは本当にありうるのか

米国ミシガン大学のウェージャーらの研究では、被験者に偽物のクリームを使って、「新しい痛みどめのクリームだ」と言ってクリームを体に塗り、体に電気ショックを与えて、MRIで測定した所、偽薬のクリームを塗った場合の方が、痛みの強さが低下していた事が分かりました。米国国立衛生研究所では、多くの抗うつ剤の大部分がプラシーボによるものと言っています。つまり、医者からもらえる薬が必ずしも効くとは限らないとも言えます。プラシーボ効果は明らかに脳に作用していると言えるのではないでしょうか。

信じる者報われる?

サプリメントは、厳格な治験(薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験)が行われていない事から、プラシーボ効果が高い可能性もありますが、もし全く効かないのだったら、この世から消えていくものですが、実際に効果があるからサプリメントが存続しています。人は気分や環境、そして思い込みによって左右される生き物です。だったら信じ続けた方が得という事も言えるのではないでしょうか。逆に、効果が無いと思って飲めば、効かない場合もあるわけですから、どうせ飲むなら「自分には絶対効く!」と言い聞かせて飲む事をお勧めします。

当サイトのお勧め
↓↓↓