DHAで脳を鍛える!

青魚DHA
青魚DHA

DHAは大事な成分

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、マグロやイワシなどの青魚に多く含まれる、サラサラ成分・必須脂肪酸です。DHAは脳に多く存在すると言われ、記憶力や集中力の維持、リラックした気分にはたらくとされています。体内で充分につくることができないため、魚が苦手な人や、肉中心の食生活に偏りがちな方に不足しがちな成分です。

wikipediaより抜粋・引用
ドコサヘキサエン酸(ドコサヘキサエンさん、Docosahexaenoic acid、略称 DHA )は、不飽和脂肪酸のひとつ。6つの二重結合を含む22個の炭素鎖をもつカルボン酸の総称であるが、通常は生体にとって重要な位に全てシス型の二重結合をもつ、ω-3脂肪酸に分類される化合物を指す。魚油に多く含まれ、日本人は魚類を食べることによって多く摂取していたが近年は減少している。 ヒトでは、体内で合成できないα-リノレン酸から体内でDHAを合成するため、広義では必須脂肪酸となる。健康増進効果があるとされ、EPAと同様にサプリメントや食品添加物として利用されている。

DHA足りていますか?

毎日の食事の中で、1日1g以上のDHA・EPAを青魚から摂取しようとすると、かなりの量を食べ続ける必要があります。さらに、調理方法によってDHAは著しく減少してしまいますので、十分な量を摂取するのは難しいと言えます。例えば、「焼く」、「煮る」場合は約2割、「揚げる」場合は約6~7割が減少してしまいます。

当サイトのお勧め
↓↓↓