生活習慣病を予防し、脳にも優しいEPA

メタボ

脳を鍛えるための栄養素と言われているDHAと並んでEPAという不飽和脂肪酸が注目をされています。EPAには現代人が健康に生活するサポートをする効果があります。

今回は、血液をサラサラにして動脈硬化や心筋梗塞の予防が期待できるといわれているEPA(エイコサペンタエン酸)について、わかりやすく解説していきます。

さまざまな生活習慣病を予防するEPA

EPAは、DHA(ドコサヘキサエン酸)と並んで注目を集めている多価不飽和脂肪酸と呼ばれる栄養素です。脳血栓や心筋梗塞など現代人が抱える様々な生活習慣病の予防に効果があるとして注目を集めています。

また、アレルギーの原因となるプラスタグランジンやロイトコリエンという物質を抑制する作用があるため、アトピー性皮膚炎や花粉症の症状を緩和する可能性もあるとされています。

EPAは多価不飽和脂肪酸の一種

EPAは、人間の体内でつくることができない多価不飽和脂肪酸の一種です。体内でつくることができないため、食べ物から摂取する必要があります。

EPAはいわしやさばなどの青魚に多く含まれています。ただ、加熱調理をすると成分の一部が流れてしまいます。そのため、刺身で食べることが一番効率的な摂取の方法です。

また、EPAは酸化しやすい成分です。そのため、参加を防止するビタミンCやビタミンEを多く含む食品と一緒に取るとさらに効率的にEPAを摂取することができます。

DHAを摂ることで期待できる効果

・動脈硬化や心筋梗塞の予防に
・中性脂肪やコレステロールの値が気になる方に
・ダイエットをしている人に
・アレルギーの症状を緩和したい人に

EPAとDHAを同時に摂って脳にも相乗効果

EPAと同じ不飽和脂肪酸の仲間に、記憶力の向上や認知症の予防に効果があるDHA(ドコサヘキサエン酸)があります。EPAとDHAはどちらも青魚に多く含まれています。また、サプリメントで摂取する場合、この2つの成分が同時に含まれていることがほとんどです。

それは、この2つの成分の効果が違っているためです。EPAは血小板凝集抑制効果があり、心筋梗塞や虚血性心疾患の予防があるとされています。一方、DHAは血液脳関門という脳への入り口を通り抜け、脳神経の栄養分となることができます。

この両方をとることで症状効果をもたらすとされています。サプリメントで摂取をする場合は、成分量を確認し、バランスよく摂取しましょう。

1日の摂取量

2015年版の「日本人の食事摂取基準」では、EPAとDHAは一日1g以上摂取することが望ましいといされています。近年は魚食の割合が減少しています。魚を食べる機会が少ない人にはサプリメントで摂取することがお勧めです。

EPAには副作用の心配はありませんが、血液をサラサラにする働きがあるため、大量に摂取するケガなどで出血をした場合止まりにくくなる可能性があります。サプリメントと魚料理を同時に摂取する場合は、過剰摂取にならないように気を付けましょう。

当サイトのおすすめ
↓↓↓